スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにCWできました。

楽しかったので、一言感想を・・・。

<コボルトたち・コボルトたち2:Anこもん さん>
うわ、人間じゃん!って軽い! コボルトのあほ可愛さ出てる。
変装上手くいってないけど、親父さんが見抜かれてるよね。
番号で呼び合ってるのおもしろい。
人間に化けてる奴いるが、変装していった設定どこ行った。

<物は試しに、:くろ わっ さん>
すげえ! 背景押しただけでトリガーイベント進んじょる!
壺の中に引き込まれた冒険者たちの猿との死闘の物語。
単純な行って帰ってくる物語なんですが、
なんといってもシステムがすごい。
CWでこんなことできるんですね。
簡単じゃないと思うけど、これがCW標準にできたら
また違うシナリオの世界が広がると思います。

CWってやっぱり面白いですね。
スポンサーサイト

あけおめスペシャル

放置しておりましたが、戻ってきました。

あけおめスペシャルが欲しいという方が1月前におられました。
まだいらっしゃるか分かりませんが、もう一度公開します。

>>DLはこちら

シナリオ製作上でのなやみ

前からあった問題なんですけれども。

PC(プレイヤーキャラクター)に意思決定などをさせる時に、理由づけにいつも迷います。そんなの強引にやっちゃえばいいじゃんという意見もあろうかと思いますが、強引にやっちゃうのに抵抗があって・・・。

以下、竜殺しの墓のネタバレ含みます。

↓↓↓

続きを読む

映画百日紅をみました。

まったくカードワースと関係がないのですが、とてもよかったので! 広告も消せるし。

原恵一監督の百日紅を見てきたんですが、とても満足できました。
この日はセッション〈2回目)と百日紅の二本立てで映画館を梯子したんですが、暑い中走り回った甲斐がありました!

続きを読む

最近のシナリオは・・・

おもしろいですね! まったくもってけしからん! もっとやれ。

巷で話題の2作
「まどろみは竜の夢」と「思いすがる者ども」を遊んでみたんですが、素晴らしい出来でした。DLして遊んだ方がいいよ、ということで取り上げました。

「まどろみは竜の夢」はとても素直で芯がしっかりしたシナリオだと思いました。ちゃんと表現したいというか、やりたいことがあって、それにしっかり物語も技術もついてきているのが素晴らしいです。これは作者さんの前作「百年は霧の色」でも見えた持ち味だと思うんですけど、それが今回はさわやかなモチーフと相重なって素敵な効果を生んでいます。

冒険者がなぜ戻りたいのか、自分の今を肯定したいのかというのが、この作品のテーマだと思うんだけど、それを一気にやるのではなくて、心を通わせられる相手の目で通してもう一度眺めて、素朴で素直な心情を引き出しているところが特に素晴らしいと思います。


「思いすがる者ども」はかなりいぶし銀な作品で大好きです。まず題名がいいですね。これはシナリオを全部通してからじゃないと実感できない題名ですので遊んでみるべきですよ。者どもっていう放り投げ方が渋いですね。いいですね。

シナリオ自体は探索モノでカードワースではずっと作られてきた、ジャンル作品といってもいいかもしれません。そこにあるモチーフが持ち込まれていて、それの見方というか、冒険者の視点が、味わいがある。とにかく文章でぐっと書きつぶしたくなる場面などあるんですが、あっさり事務的だけど、必要なことはちゃんと押さえているのはかっこいいです。

overdozeさんというシナリオ作者の方が「雪山の蜂」というシナリオを作られていたんですが、遊び終わった感想が似ているなぁと思いました。

簡単な感想ですが、楽しかったので書きました。以上です。
プロフィール

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。