スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の記事について

なぜ一時ブログ閉鎖したのかどうしても知りたいとのことなので、カテゴリの「ブログ閉鎖前の記事」にまとめておきました。一つずつ記事を読んでいけば、だいたいどんな感じか分かると思うので、知りたい人はどうぞ。当時のそのまま、なにも手を加えていません。

ただ、最後に配布したシナリオだけはリンク切れになっています。これは【雪】という題名の作品で、【帰るべき国はない】という短編集に入っていますので、参考までに。

再公開に関して一通り自分で読みましたけど、あんまり今ここで書いていることと変わっていませんね。
スポンサーサイト

自作シナリオ考

ここで書く最後の考察です。

この頭を冷やしていた一週間で気がついたのですが、私のシナリオの特徴は、『リズムが抑制されていること』ではないでしょうか。jimという作者の特性は、流れていくストーリーに介入して、積極的にブレーキをかけ、それによってストーリーの持つ魔力のようなものが彼にとって一番いいと思われるタイミングで発散できるようにコントロールする能力ではないか、という考えです。性急過ぎるストーリーテリングは私はあまり好みません。だから周りにある物、草とか酒のグラスとか雨垂れとかを使って、無意識に視点を止めていた。実はこれが肝なのではないか、と。つまり、文章の巧い下手でもなく、ストーリーの奇抜さでもない。それは面白さの核ではない。文章とストーリーだけでは足りないのです。

私は以前、同じ本を何度も読む、というようなことをここで書きました。それも同じことで、おそらく、私の生理的リズムに合うような作者でないと集中して読めない、ということだと思うのです。ライトノベルの話をこのブログで書いたとき、ある方からメールを頂き、『凝視』という話を聞きました。それはライトノベルには会話と説明の文章があるが、古い流れの小説にはそれに加えて『凝視』があるというものでした。それは『描写』であり、ストーリーの流れを止めるためのものだ、という話です。私がライトノベルがうまく読めないのは、スピードが速すぎてついていけない、というところにあるのかもしれません。

とすると、私が追求する分野は、流れているものをコントロールする力。抑制力。書きたいものを書かないで取っておく技術。自分を捨てて流れを読み、ストーリーの魔力に奉仕する構造。そういうことになると思います。それがもっと巧くなったら、私のシナリオはもっとすごいところまでいけるのではないか、とそう考えています。あるいはもっと楽に自然に書けるかもしれない。もちろんシナリオは生物だから無意識の力を借りなければいいものは作れないけれど、頭の片隅にあればそれに頼ることもできるだろうし、できたものを評価するには分かりやすい指針です。この考えは、全く気がつきませんでした。ブログ初めてよかったぁ~。自分一人じゃ思いついていませんでした。

『雪』は話の枠組みはもうだいぶ前から出来ていて、登場する人物も決まっていたのですが、上で書いたようなコントロールがうまく行かずに、長いあいだ完成させることが出来ませんでした。けれども『流れを止める』ことを意識して話をもう一度書いてみると、比較的自然にストーリーを伝えることが出来ました。

続きを読む

お礼

頭を冷やしてきました。たくさんの方に励ましを頂いて、何て言ったらいいか分かりません。拍手のコメントも記事へのコメントも、メールも、全部拝見させていただきました。ありがとうございました。何かお礼をと考えたんですが思いつかなかったので、シナリオ作ってきました。これでお礼に代えさせていただきます。気に入ってもらえるとうれしいのだけれど。(思いがけず落ち込んでいたためか、話が暗すぎるかもしれません。気分が悪くなったらごめんなさい。)バグ取りは私が独りで行ったので不具合があるかもしれません。そのときはお知らせください。 >>ダウンロードはこちらから

ブログは閉鎖することにしました。何を書いてもうまく書けないような気がするからです。議論を呼びそうな話を書くのは嫌だし、そうなると書く意味もなくなってしまいそうな気がするのです。その代わりに、シナリオで表現していければいいかなと思っています。ここは今年いっぱいで消そうと思います。残しておくのは、せっかくこれを作ったのだから、とりあえずひと月は飾っておこうという気持ちです。ちゃんと管理して、コメントなどもいただければしっかり返信させていただきます。シナリオに関しては、残しておくし、新しいシナリオもまだまだ気が乗れば作ろうと思います。やりたいことが残っているからです。そのときはどうぞお付き合いいただけたらうれしいです。

僕はどのくらい本気でシナリオを作っていいのかずっと測りかねていました。つまり、やっぱりゲームなんだから、あんまり追及しすぎるのはよくないんじゃないかとか、そういうことです。でもそうは言っても心残りなので、時間を見つけてシナリオを作り、皆さん(つまり僕じゃない誰か)に見てもらって、それに加えて、シナリオだけでなくて創作の過程で考えているようなことも発表していければいいなと思ってここをはじめたという経緯があります。時間はあまりないけど、カードワースも、そこで作ったシナリオも、いけるかもしれないと追求している内容も、僕の子供だから捨てられない、という気持ちです。もっとうまく文章が書けて、よく伝わればいいのだけれど。

続きを読む

カードワースのシナリオ

王道シナリオというか、名作と言ったほうが早いかな。とにかく。
カードワースのシナリオは(つまり代表作ということです。カードワースの作品といえば・・・)、やはり、ストーリー性とゲーム性を備えた王道シナリオだと思います。(私はブイヨンスウプさんの『竜殺しの墓』とか最近ではABCさんの『アゼリナ』などを思い浮かべています。)私が最初にシナリオを作ったのもそういうシナリオに憧れたからで、最初から読み物で行こうなんて考えていませんでした。やっぱり遊んで楽しいのはそういうシナリオであり、一本道の読み物というのはゲーム性もなく、かといって小説のように完成されてもいない、どっちつかずなものです。

私が今あるようなシナリオを作っているのは、たまたま、自分でも分からないうちにそれができただけで、そしてそれが研究しがいがあると思ったからというだけです。私のシナリオ製作の方法ではまだまだ未知の部分が多いし、やってみたいことも沢山あるので、私はとりあえず今のやり方で行こうと思っているのです。ただ、やはり自分の作るようなものはどんなすばらしいシナリオ作者でも作れない、という自負みたいなものはある・・・とは言い切れないけど、それが欲しい。そう思って、時間を見つけて自分だけのシナリオを作っているのです。

楽しければいいという意見もあると思いますが私はそうは考えていません。プレイヤーの方はそれで十分なんだけど、やっぱりもっと表現の幅を広げたいし、見たことないものを見たいと思っているからです。これはあくまで私見です。自分のシナリオに対してそう思っているだけで、他の方々のシナリオについて私が言うべきことはありません。私はどんなシナリオでもおいしくいただけるのです。ましてそれが、よく研究されたものであるなら。

続きを読む

カードワースで使われる文章

ライトノベルの文体に挑戦中です。こいつは私には合わないらしいです。先日言及した本ですが、内容は面白いんだけどすらすら読めません。リズムが違うからだと思います。

ライトノベルの文章は、おそらく、漫画とか映画から派生したものじゃないかなと思っています。少なくとも私が普段読んでいる小説の文章とは出自が違うのではないかと考えています。ライトノベルの文章は感覚的で内容を伝えるのに特化していますね。作者が見ている映像をそのまま伝えているというか、つまり漫画のコマを文章にしてそのまま伝えているといった印象です。ストーリーのテンポも速くて、それにいろいろな人が出てきますね。

この記事は『カードワース』にカテゴライズされています。このライトノベルの文体は、カードワースの読み物シナリオで使われる文体と酷似しているなぁ、と感じたからです。あまり表現に重きを置いていなくて、映像を伝えることに着眼点が置かれている。シナリオで使われる文体には雰囲気を出すために文語調の言葉で書く方法も見たことがありますが、その肝はやはり映像を伝えることにあるようでした。非常に直接的です。内容も文章も、見て、何を狙っているのか分かりやすいという印象です。また、文章は必要最小限で、台詞が多いのも特徴といえるでしょうか。

ライトノベルのルーツが漫画やテレビドラマや映画にあるとしたら、カードワースも映像的な部分を多く持つシステムだから、その文章はとても有効に働くと思います。ライトノベル好きさんはぜひ読み物シナリオを作ってみてはどうでしょうか。研究しがいがあると思います。
プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。