スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントレスポンス

『匙男』の話で盛り上がって最新コメントの表示が流れてしまったので、REさんとバルドラさんへのコメントレスをこっちに載せておきます。お二人ともが既に読まれていればよいのですが、念のためです。
<REさんへ>

> 私も、基本的にはREさんと考えは一緒なんです。
>
> 私が作曲者だったら、その曲が間違って理解されていても、楽しんでもらえればそれでいいと思うし、感想だって、いろいろ仮説とか妄想とか……作品を通じて考えたことを織り交ぜて書かれていたほうが、もらって嬉しいと思います。もっともらしく解説した文章よりも。
>
> でも、私が受け取る側だとすると、上で話したような気持ちになるんです。


<バルドラさんへ>

> バルドラさん、コメントありがとうございます。
>
> そうですね。言われてみると趣味は激しいかもしれません。自分では普通だと思うけれども。
>
> 私自身はズバっとした性格では決してありません。そう考えると、どこかで補おうとしてるのかもしれませんね。
>
> 私もZeppelinは大好物です。Zepの話だけで6時間はぶっ続けで喋れると思います。stair way to heavenとかblack dogとかrain songとかten years goneとかgoing to californaとか……練習しました。rain songは変則チューングなので面倒で、オープンGチューニングでごまかして弾いたり、ソロが難しすぎて、結局全部は弾けなくて、なんとなく適当で満足しちゃったり。あと、ボンゾ。あの人のドラムは独特ですね。ちょっとずれてるような。昔のブルースのシャッフルリズムっぽいんだ。サウンドもすごい。ジミーペイジは自由。子供が遊んでいるような自由なギターです。最高傑作のアルバムは、僕は『Physical Graffiti』だと思います。ビートルズのホワイトアルバムと同じみたいな感じで。『ZeppelinⅣ』が一番すごいという意見が圧倒的なので、最近まで自分は変なのかなぁと思っていましたが、フーファイターズのデイヴ・グロールがこのアルバムを推して「Zepの最高傑作だ」と言っているのを聞いて、やっぱりそうなんだと自信を持ったりしたこともありました。このアルバムのすごいところは、何度聞いても色褪せないというところです。
>
> ……際限がないのでここで止めます。
>
> WhiteStripesはいいですよ。彼らの素晴らしいところは『探究心』です。アルバムごとに研究した音楽を臆するところなく混ぜ込んでいくのは、見ていてとてもわくわくします。彼らの音楽は基本は戦前のブルースだと思います。サン・ハウスやロバート・ジョンソンなどデルタのブルース。ブラインドウィリーとかのシティもちょっと入ってるかも。ブルースはいろいろな方向性で発展したけど、WhiteStripesは21世紀になって、また新しいブルースを作り上げたんです。それも、自分自身の手で! 誰の真似でもない独自の音楽! これは素晴らしいことです。あ、あと、賛否両論あるけど、メグのドラミングは最高!
>
> ……際限がないので、ここで止めておきます。WhiteStripesはブルースが好きならお勧めです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。