スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒヨス草のこと

最近『毒草を食べてみた』という新書を読んでいるのですが、ファンタジーで出てくるたくさんの薬草、毒草の話が出てきて面白いです。ジギタリス、ベラドンナ、マンドレイク、トリカブト、ニガヨモギ。カードワースで言うとコカなどです。ひとつの草に4ページほど読みきりで紹介してあって、とても読みやすい本です。

さて、ヒヨス草のことなのですが、カードワースでは『薬草』の代名詞ともなっているこの草が、現実では、幻覚、せん妄、精神錯乱など、向精神系の薬効があると知って驚きました。ヒヨスはナス科の植物で、このナス科には同じような精神に作用する成分を持つ植物があるそうです。有名なものではマンドレイクやベラドンナなど。

ヒヨスはこれらの植物と同じく、魔女の草として中世では忌み嫌われていたそうです。ヒヨスというのは『豚』という意味で、この植物の、心を落ち着かせたり、現実を忘れさせたり、時には性欲を刺激したりする作用が、人間を豚にしてしまうことからつけられたのかもしれません。カードワースではコカの葉も薬草として出てきますが、こちらも麻薬成分があり、それには疲れを取り払う効果があって、コカインなどが精製できます。ヒヨスからは軟膏や、水薬などが作られたりします。

そこで考えたのですが、カードワースの『薬』って、実は麻薬なんじゃないでしょうか。骨があらぬ方向に曲がったり、血がトパーっと出てたりするんだけど、それを感じなくさせる鎮痛剤みたいな。……まあ、ファンタジーだから、現実にあわせる必要なんてないんですよね。現実のヒヨスは現実のヒヨスで、カードワースのヒヨスは薬草のヒヨスなのです。

さて。

ヒヨスの有名なファンタジー物語はオデュッセイアに出てくるので、私も名前だけは知っていました。美しい魔女キルケーがオデュッセウスの部下たちをヒヨスの魔力で豚に変えてしまう。オデュッセウスは魔法を防ぐ薬草のおかげで助かるが、キルケーに誘惑されて、彼女の館で一日を過ごす。しかし、一日と思われた時間は、本当には一年の歳月だった。……というような話だったと思います。

やっぱりこれを見ても、ヒヨスは薬草というよりは麻薬のように見えますね。カードワースの偉大なる三作者が影響を受けたファンタジーの中にヒヨスが薬草として現れるものがあったのかもしれません。誰か心当たりのある方、おられませんか?

カードワースの薬草のグラフィックですが、似ているともいえますし、似ていないともいえます。現実のヒヨスはもっと葉が厚く、短くてずんぐりしているような印象です。気になったら、画像検索などでヒヨスを調べてみてください。花はナスの花に似ているけど、もっと毒々しい感じです。古くなったレース編みのような花弁に、奥から黒紫っぽい血が噴出しているような、そんな花です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。
かなり昔のファミコンゲームで、ヒヨスが回復アイテムみたいに出てきたのがあったと思うのですが、作品名は失念してしまいました。
毒草といえば、中世の人はベラドンナが瞳孔を開かせることを利用して目薬の代わりにしたり、砒素を顔パックにしたりしていたそうですね。ちょっと怖いです。
とあるシナリオに、コカの葉の使い方が邪道だと出てきたのですが、冒険者の世界では、そのへんの野草をうまく薬に利用する、野外活動的な知識があるのかもしれないな~と、ふと思いました。
jimさんが書いておられる様に、無理矢理痛みをごまかすために使っているのかもしれません。
わたし的に、カードワースの薬草は、食べても大丈夫そうな、あんまり危険でもない草だといいなと思います(笑
はとサブレのために。

Re: No title

マルコキエルさま、こんにちは。

私は市販のゲームをプレイしたことがないのでわからないんですが、なるほど、ファミコンのゲームでヒヨスが登場するんですね。神話にも登場するし、ある程度は知名度の高い薬草ということでしょうか。

ベラドンナは記事で紹介した『毒草を食べてみた』にも紹介があり、点眼して瞳を大きくする美容薬だと書いてありました。ただ、分量を間違えると死んでしまうみたいですね。男である私にはそこまでして美にこだわる気持ちってわからないんだけども。ベラドンナというのは『美しい婦人』という意味だということです。

はとサブレに・・・ヒヨス入ってますね。ドラッグですね。しかも子供に振舞ってるし、この不良冒険者め!

私もヒヨス草は害のない薬草だと考えたいです。
プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。