スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイス・アルベルト・スアレス

放置しておくと広告が出てしまうので、メモ代わりに。

ルイス・アルベルト・スアレスはリバプールFCに所属するサッカー選手です。

今年のコパアメリカではウルグアイ代表でフォルランとコンビを組み、ゴールを量産しましたね。体が強く、走力があり、長身です。顔つきは……個人的にはハイエナに似ていると思います。プレースタイルも同じ。とにかく点に貪欲でいろんな形でゴールを奪える選手です。ペナルティーエリアでの信じられないような仕掛けは凄まじく、セットプレーでも長身ですし、ポジショニングもよくボールがこぼれてくる場所に必ずいます。

こずるいプレーも得意で、シミュレーションぎりぎりの大げさに吹っ飛ぶ演技をはじめ、相手をだますと言うことに長けています。チェックも鋭くてこぼれ玉に対する反応と嗅覚にも優れています。動物的なサッカー選手だなと思っています。

リバプールFCは彼が前線にいるとき、とにかくボールを奪ったら早く前線に預ける事を実践しているように見えます。それだけこのスアレスのボールの納まりが良いということなんです。ぞんざいなロングボールや、どちらのポゼッションにも属さない競り合いのボールを自分のものにしてしまいます。この球際での強さが彼の魅力です。

ボールを引き出す動きも上手いです。マークが曖昧な場所に入るのが上手くて、本当に「ボールを危険地帯に引きずり出す」というようなえげつない受け方をします。ポジショニングのよさは前線に張っているときにも健在で、相手は不用意に最終ラインを上げられずごりごりと押し込まれていきます。

要するにセンターフォワードとして必要な能力が全部揃っているすごい選手です。さて、彼を見ているのが私は好きなんですが、それは何故かというと……。

サッカーを見ているほうは上から観戦しているので、全体の状況がつかめています。一方、実際に試合をやっているのは選手なので、視野は体の向きで限定され、また敵と相対したときには考えることも多くなって余裕がなくなっている状況です。だから我々が試合をずっと見ていると、「ここにこうやってプレーしてくれたらいいなぁ」と思うことがあります。

で、このスアレス選手のすごいところは、「ここにこうやってプレーしてくれたらいいなぁ」という私の浅はかな考えを、ゴミ箱をトイレでひっくり返して水で流してしまうような、信じられないプレーでゴールに迫るところなんです。「こうやってプレーしてくれたらなぁ」じゃなくて、「こんなことができるのか!」という驚きです。だいたいこうなるだろうという想像の外側から抜けてくるシュートやラストパスは、ピッチに一瞬の緊張をもたらし、それは他の選手には代えがたい燦然と輝く光を放っているのです。

彼のプレー……味方の使い方、ボールの受け方、体の捌き、ゴールを狙う突然のアイデアは本当に素晴らしくてわくわくします。そしてそれを支える確かな技術と意識、体を酷使しても技術を保つ精神力はすごいです。

ああ、そうそう。南アフリカワールドカップを観ていた方は、ウルグアイのゴールをハンドで防いだスアレスの勇姿(?)を見られたことだろうと思います。勝負強いと見るか、ズルイと見るか……うぅ~~ん。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。