スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスですね。

秋からギルドが賑わっていますね。新人作者の方々も増えてきて楽しみです。あんまり遊べていないんですが、柚原紗希 さんの「RING」が面白かったです。

さて。

寒くなってきましたね。クリスマスということで、プレゼント!というわけではないのですが、いくらかシナリオをまとめることができました。年末年始忙しい方もいらっしゃいますでしょうが、息抜きに遊んでくだされば嬉しいです。

来訪者、その他の短編
3つの習作

読み物嫌いな人は習作の方で遊んでくださいませ。以上です。
「犬」は加筆したかったのですが、達成することができませんでした。直すって言っていたのに……残念です。また折を見て修正したいと思っています。

あ、あと「芋泥棒」に1人でいくとバグに遭遇するようです。6人パーティーでどうぞ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

みっつの秀作

みっつの習作、どれも面白かったです。
レベルの低いふたつは、さらりと、しかしレベルに合わせたほどよい作り。短いながらも達成感が味わえるカードワースらしい良いシナリオだと思います。

そして、高レベル向けの森を這うものは、かなりの良作です。おかげさまで、ひさびさ強敵を倒す達成感が味わえました。ありがとう。
ただ単に強い敵を倒すんじゃなくて、いろいろあって倒すところが、CWの冒険者らしくていいです。カードワースはこうじゃなくっちゃ。
騎士カラカスもいい味を醸し出してますし、詰め所の一つ目、レミ、宿のNPCらも、いい味だしてます。
ただ置いてみた、という無駄感がないところがいいです。シナ作で見習いたいと思いました。

まさに、タイトル通り、みっつの習作ならぬ、みっつの秀作であったと思います。
感想をどこに述べればいいのかわからないので、ここにさせていただきました。長文失礼。

いやはや黒い花の香

昨日書き込みさせて頂いた者です。
今日、この黒い花の香、失踪者捜索をやりました。

いやあ~、長い! そしてそれなのに全然飽きない! ほんと凄いです! 凄いの一言!

昨日、ワーム退治をかなりの良作といいましたが、ならばこの黒い花の香はまさに超大作です。
クリアーするまで三時間半はかかったかな?
さすがに疲れましたが、それがなんとも心地よい疲れ。そして得られた達成感の大きいこと。
まるで良質な映画でも見たような感じです。
終了後、横溝正史の二時間ドラマでも見たあとのような気持ちで、緑茶で一服しました。

とにかく語れば長いですが、昨日も長々と書き込ませて頂きましたので、さすがにw少し自重しますが、ほんと、よかったです。よかったです。この達成感をありがとう。

それにしてもテキストですが、量が半端じゃないですから、長編小説でも書くほどの労力をかけられたのかと。
それだけでも凄いですが、それを仕上げる腕力に感服いたしました。いやはや、ほんとに凄いシナリオです。
CW指数なるものがあるならば、竜殺しくらいの指数、いや、それを超えるくらいの数値かと。

また長々とすいませんね。いま終えてすぐなもので、自分の中でおお!というものが続いておりますw
でもまあこれだけの力作をPlayする機会を与えられておきながら、なんの感想もしないとは、CWファンの風上にもおけぬでしょうし、ひとこと感想だけじゃ、それもさすがにねえ。
ということでもう少し。

最後の最後まで、複線が見えそうでみえないところが、いいです。「自分が作ったわけじゃないのに」…ですけど、まさに製作者の術中にはまったといいます。参謀に語らせるところがよかったです。

もういちどいわせて、ありがとう。ほんと、ほんとに楽しかった。ありがとう。
長文失礼。

Re: いやはや黒い花の香

CWファンさん。感想ありがとうございました。言葉を尽くして書いてくださって嬉しいです。

まず【黒い花の香】長かったですよね。おつかれさまでした。長々とシナリオにつき合わせてしまいまして……。

【黒い花の香】はそれなりに時間をかけて作りましたので、こうやって感想をいただけるととても嬉しいです。もとはベラドンナの花の話題がこのブログでありまして、そこで何か作れないかと着想を得たのがきっかけでした。こんなに長い話を作ることになるとは思わなかったです。

個人的には「短くしすぎ」と思っているんです。いつもシナリオは「長すぎる」と思い、短くしていくのが普通なので、このシナリオだけ変だなと思っています。でも、まあやっぱりシナリオとしては長いです。はい。

【森を這うもの】は最初は討伐ものとして1週間くらいで仕上げて内内で公開していたものでしたが、感触がいいのでいずれは公開したいなと思っていました。気力もありましたので、12月にまた2,3日集中して、口調分けやクーポン、関係性対応のネタを作りました。慣れないことをしたので、仕上げのところではいろいろと相談に乗ってもらったりもして出来上がったものなんです。

【城は海へと】はフナムシの絵を特別に描いていただいたので、それを使って。【水のほこら】はサクッとできて、なおかつ話もまあまあのシナリオが作りたいなと思って作りました。それらをほぼ達成できているかなと個人的には思っています。

CWファンさんもシナリオを作られると言うことで、よい製作ライフをおくることができるといいですね。出来上がったら私にも遊ばせて下さいね。

それでは、ありがとうございました。
プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。