スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品の時間

私は短編の読み物作品を作ると、大体30分くらいの所要時間で読みきれるものになります。作品はナマモノなので多少の差はあるけれども、できるだけ均等に収まるように考えながら細部を継いだり削ったりしていくと、大体このくらいの時間でぴたっと決まるのです。調整しているときはそれほどプレイ時間について気にすることはないのだけれど、作っていくうちに法則でもあるみたいにそこに収まっていくのは少し不思議な気持ちがします。たぶん私の世界にとって30分というのが一番、過ぎたることもなく及ばざることもない、ちょうどいい時間なのだと思います。

読み物作品の難しさは、この『時間』と言うものに関係していると、私は考えています。普通のシナリオでは文章部分は他のゲーム部を補うためだけに、情報量の多い部分に、つまり作者が一番書きたいところに挿入されているわけで、作者が一番書きやすい、筆が進むところに適用されているのです。そしてその間の空白の(しかし意味のある)時間を、ゲームで容易く補うことができます。ところが、読み物作品では、書きたくない部分まできっちりバランスよく書いていかないと作品として成立しません。本当に書きたい部分よりも、そこを成り立たせるために準備する部分のほうが何倍も多いのです。そして、作品がより緻密に巧妙になればなるほど、書きにくい部分は増えていきます。そこを乗り越えて(あるいは乗り越えられないジレンマを抱えたまま)作品の核に迫っていく感覚は、他の探索や戦闘シナリオでは味わえない楽しみがあります。そうした苦労を経ていなければ、出来上がった作品は力を持つことがないのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。