スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私には関係のないこと

 シナリオを作らなくなって2年ほど経ち、再び作ったシナリオです。もう一度作ることが出来るのか心配だったのだけれども、何とか形になりました。文章や構成の点では書きすぎも書き漏らしもなく、テンポもよい、テンションも十分に保たれている。十分な作品だと思います。

 BGMは省きました。いらないからです。映画やドラマでは人の心を掻き立てるような音楽を使います。でも、いざ自分の作品内でその手法を使うとなると、なぜか気になるのです。だから使いませんでした。以降も僕のシナリオでは使っていません。

 このころ僕は日本の昔話に凝っていて、プロットにその影響が見られます。化かされるみたいだ。またフランツ・カフカの小説にも傾倒していて大いに参考にしました。大量に(無意味に?)出てくる象徴は説明は一切されず、暴力的に自我を圧倒します。【少女】は何か秘密を持っているようだが、【私】に対して語る言葉がない。または、【私】は理解が出来ない・・・。金のない客を酒場から雨降りの道路へ突き飛ばすように書かれていますね。

 『私には関係のないこと』は作品として、十分にマクガフィンとなる素質があります。これを下敷きにして短い作品を大量に作ったり、どこかに小話として登場させることも出来そうです。

 この作品にけちをつけるとすれば、「作品に科せられるハードルが軽いこと」になるでしょうか。他の作品にはある程度「何を書くか」という課題目標があり、それに対して書かれていますが、これは「書くこと」が目的に書かれています。その点で、書き物としては十分だが作品としてはまだまだ、ということになると思っています。僕は欲張りなので、「楽しく作ればいいや」とは単純に思えないのです。
 そういう点では、僕はあまり上手な作者ではないんだと思います。

―――この文章は私『jim』が2009/5/14に書きました。

この解題の言うとおりです。ちょっとくどいですけどね。

―――この文章は私『jim』が2009/11/17に書きました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。