スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイミー

 僕の中では、最高の、ピークの作品です。これ以上のものはなかなか作れないなと思います。たぶん、のっていたんでしょう。やりたかった内容と、達成したかった目標がかなり過不足なく書けています。作者に自信を与えてくれるような、よい作品でした。
 『地の果て、ほか2つの短編』を仕上げる過程で、自分の文体が凝り固まっていくのが僕は気になっていました。力が入りすぎているというか、あそびが足りない。そして、このまま行くと文体が固まりすぎて新しいものが作れなくなるのではないか、という不安が出てきました。(もちろん、『地の果て、ほか・・・』を書いたことによる収穫は大きいものでしたが、)あたらしく目下の問題が出てきたわけです。
 僕はその解決を文体では『話し言葉』と『擬音語、擬態語の多用』に求め、作品内容においては『女性を主人公にすること』と『モチーフにおいて幼年期のイメージを使うこと』に求めました。突き詰めていってしまえば、『猿に・・・』の方向で伸ばしたところに『ヤシャ=シュトーレン』の技法で作った何々をぶち込んでやろうというわけです。結果、『スイミー』の文体はこれまでのものよりも揺るぎがなく、書きやすいものになりました。
 また、『スイミー』を書くうち、だんだんもう一つの問題もこの作品中でクリアできそうだと思うようになりました。それは「世界をつなげる」と言う目標です。ちょっと分かりにくい概念なので分かりやすく書くことが出来ないかもしれないけれども、がんばってここに記したいと思います。
 『スイミー』には三つの世界が用意されています。それは、裁縫師やスイミーのいる「現実」の世界と、自身の物の捕らえ方を代表する「表層の語彙」の世界、それから子供時代の記憶、肉体の記憶に関する「自身の深層」の世界です。
 「現実」は単純に書くべき対象です。入れ物です。これはなかなか用意するのに手間がかかるところです。しかし『スイミー』ではわりとすんなり持ってくることができ、そのために他のいろいろなことにチャレンジするゆとりができました。
 「表層の語彙」は言ってしまえば文体のことです。ここは「私」目線で書かれているから、「私」の物の捕らえ方、物を表現するときの方法、と言うことになります。
 「自身の深層」は感情とか、自分が制御できない、感覚、記憶、と言う分野のものです。極言すれば、作品そのもの、です。
 この三つを表現するために、「現実」を全て、「比喩」で、一つの書き漏らしもなく書き尽くし、そしてその比喩・・・すなわち「表層の語彙」全てが「自身の深層」と密接につながり、結果として「現実」が全て「自身の深層」の比喩、になっていること。単純に言えば、物事を表現するための手段である文体そのものが、比喩になっていること。文体で使われるモチーフ・・・「サーカス」「水」「自由」「迷子」「絵本」etc・・・が、もう一つの世界を形成していること。そのことが、この作品で達成されるべき目標です。
 全てを「たとえ」で話し、感情に関するいっさいの言明を許さない。書かれてあることは全て「現実」だ。でも、それは「現実」ではない。仮に感情に関する言明があったとしたらそれは、もっと深い物事に関する比喩となる・・・。そうして全体が、ぼんやりと大きく見えればいいのです。ありづかのようなものです。アリはただ泥を運んで部屋を作っているだけです。でも、それが何万匹も集まって巨大なモニュメントのようなありづかを築き上げる。そういうことです。
 ほかの人はどう考えるか分からないけれども、『スイミー』を僕は非常に気に入っています。「jim作品といえば?」と問われれば、僕は「スイミーだ」と答えます。

―――この文章は私『jim』が2009/5/14に書きました。

スイミーを思いついたとき、これはいけるそ、と感じました。今でも忘れられません。でも、そういうところから造りだされる作品はあまりうまくいかないもので、スイミーがちゃんと形になったときにはすごくうれしかったことを覚えています。

それにしてもこの解題は長すぎる。

―――この文章は私『jim』が2009/11/17に書きました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。