スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレン

 この作品は、物語の構想だけは早い段階からできていました。つまり、商船の護衛中にまどろみの中でクジラの歌を聴き、私は少しだけ存在の軸のようなものをゆすぶられます。そうして老航海士との会話の中で伝説的な銛打ちの話を聞かされる、というものです。しかし、既存の僕のやり方、文体では、この物語を完成させることはできないと、僕は思いました。結果、後から来た作品となって登場することになります。『スイミー』や『ナイトスイミング』など、水を扱った物語が連なって出てきたのは、深いところでこの物語と繋がっているかもしれません。

 新しい文体に挑戦するために、僕は少し、ずるをしました。もちろん、他の作品でもかなりの割合でやっているから、ずるとは言えないかもしれません。それは「背景イメージの使用」です。黒い背景の中で延々と『じいさん』に話させても良かったかもしれませんが、それで説得力を持たせるためには、作品としてはもう少し、文章量を増やすことになるでしょう。でも、僕にはそこまでする気力がなく、それは今でも同じです。やるとしたら、カードワースを降りたところ、小説文章中です。作品を一つ作るというのは、そうとうえらい作業です(えらい→疲れる)。集中力がいるし、根気もいるし、何より忍耐が要ります。

―――この文章は私『jim』が2009/5/14に書きました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。