スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話から

今、携帯電話からブログを書いてます。携帯電話でも更新ができるんですね。便利だ。

せっかくなので何か書こうと思います。

読んでいた本が終わってしまったので、また『白痴』を読んでいます。もう五周目です。私は同じ本を何回も何回も読むのが好きです。でも持っている本が全部何周も読まれるわけではなくて、中には一度読んでもう読まないものもあります。これはたぶん相性の問題でしょう。長編を読みながら短編も読みます。短編集で今読んでいるのは『大聖堂』という本で、こいつには五周じゃすまないほど付き合ってもらっています。読書家の方は年に何百と本を読んでいるそうで、それだけ本を読んだら知識もすごいことになりそうですね。読み終わった本は一体どうしているのでしょうか? やっぱりブックオフとかに売るのかな。私は今のところ本棚を買い足す予定はないです。

最近はライトノベルというものに興味があり、先日一つ購入しました。半分くらい読んでそのままです。『火の国、風の国物語』という本です。作者は風間トオルさん。漫画を読んでいるみたいで楽しかったです。

携帯電話は文章を書くには向かないですね。すごく時間がかかった・・・。
・・・これはPCで書いています。

ところで、先日NHKでドストエフスキーの特集をやっていたらしいです。私は、家族が「ドストエフスキーの番組をやってるよ」といってくれたのだけれども、布団をかぶって寝てしまいました。

こういうことってよくあります。私はBeatlesが好きです。前にも書いたけれどジミ・ヘンドリクスが好きだし、レッド・ツェッペリンも好きです。ロバート・ジョンソンも。トルストイもレイモンド・カーヴァーも好きです。こういう人たちは、伝説、レジェンドですから、番組なども作られるんだけど、そういうものを見ると、どきどきします。いらいらして、なんだか、自分の世界が侵されているような気がするのです。エゴが頭をもたげてくるというか、ドストエフスキーはみんなのヒーローなんだけど、やっぱり私のヒーローというか。ねえ、本当に分かってるの? ドストエフスキーはね、そんな番組で語れるような小さな男じゃないんだよ。本当に、すごいんだから。あんた誰だよ、お前が語るなよ。なんて思ってしまうんです。

私は小さな人間ですねぇ。まったく。何書いてるのやら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

jim

Author:jim
CWシナリオ作者です。どうぞよろしく。

あまり書きたくないんですが、厄介な時代なので。
「このブログの記事は全てjimに著作権を由来します。記事の引用等は特別な必要がない限り、権利関係を尊重してくださることをお願いします。」
トラックバックは自由です。

ブログをリニューアルしました。
旧トップページメニュー

シナリオはこちらに。
すみのは

カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。